保険の見極め方とは

それにこれは、保険業法300条の通称でもあります。
この違反が発覚すると、その生命保険会社にはかなりのペナルティーが課せられます。
これで、しつこい生命保険セールスマンの撃退法については終わりますね。
(汗)良い保険会社を見極めるには、どうしたらいいのかと言うことですね。
<生命保険への加入の手順にいついて>自分の入る保険会社を選びます。
その保険会社が取り扱う保険の中から自分に合う保険を探します。
<本題の保険の見極め方について>ここで一つポイントがあります。
信用しても良い口コミと、信用ならない口コミがあると言うことを知っておいてください。
実は保険の業務運営により違ってくると言います。
保険の業務運営については2種類あります。
「顧客対応が担当者の一存で決まる保険会社」「顧客対応はマニュアル通りに行われている保険会社」この2つです。
どうして、マニュアル通りの対応と言うことが担当者一存の対応で口コミが違うのかと言うことですが、それは、マニュアル通りの対応と言うのが会社全体でマニュアルに統一しているからです。
それで口コミにさほど差がないと言うことですね。
ですが、担当者の一存で決まる対応と言うのは、その担当者自身に対する口コミになります。
ですから、口コミに大きく差が出ると言うことです。
同じ保険会社でも、「あの担当者は対応が良かった」と言うことがありますが、他の担当者は同じ対応とは限らないと言うことですね。
<ランキングサイトについて>ここにも口コミやレビューがついたものがあります。
(笑顔)
妻に生命保険は必要か?お金の無駄では...【最低限の保障とは?】